最近の建築の求人はどんな傾向があるか

建築関係の仕事は幅が広く、昔よりもさらに専門性が高い仕事やこれまでにないような仕事などが誕生しており、求人で募集されている仕事は以前から設計事務所の設計業務や工事現場での施工管理業務はありましたが、積算に関わる技術者の仕事や工事監理を行う仕事なども増えてきています。もかなり広くなっています。昔は手書きで設計図面を作成していましたが、最近はほとんどの企業でCADを導入しており、CADオペレーターなどの求人なども募集がされています。また、図面データや積算データなどを連動させるBIMなども普及してきており、こういったシステム系の専門家のニーズも高まっており、そういった仕事の募集なども増えてきています。システム関係の知識を持っていることは非常に重要視される傾向にあります。

設計分野でも業務が細分化されており高い専門性が求められる

設計業務だけを見てみると、意匠関係の設計や構造設計、設備設計など専門的な分野などに細分化されており、それぞれの業務では、最近では昔よりもかなり高い専門的な知識や経験が要求されるようになりました。また、意匠設計者でも、構造や設備関係の知識をしっかりと身に付けておくことが重要となるので、そういった基礎的な建築のスキルをしっかりと身に付けていることが求人の募集では求められることとなります。構造設計では、非常に複雑で高度な計算をプログラムによって行うこととなるので、プログラムに関しての知識が必要とされることとなります。また、自動で計算されてしまう部分のエラーや不具合に気が付けることができる技術的な感覚なども重要であり、そういったスキルも求められることとなります。

コミュニケーション能力や気配りなども必要

建築物の設計施工を依頼する人や建設した建物を利用する人たちのニーズも多様化しており、幅広い配慮が必要となっているので、顧客の要望などをしっかりと汲み取って設計や施工管理、積算などを行うことができるコミュニケーション能力も求人では求められています。安全配慮に関しても、昔よりも要望が高まっているので、建物利用者がいつまでも安心して使うことができるように細部にまで気を使って設計をすることが必要です。工事施工現場でも安全配慮が非常に重要となるので、施工中の職人などが安全委働くことができるように細かい配慮を行うことができる気配りなども重要視されます。最近では、建築関係で募集されている仕事に求められる能力は、専門的な技術に限らず、広い分野での知識が必要となります。

東京・大阪・名古屋・札幌・仙台・福岡などの主要都市中心に日本全国及び海外の建築・土木・設備・設計関連の求人を豊富に取り扱っています。 求人情報は8000件以上!豊富な案件を取り扱っています。 勤務地や施工規模、携わる案件の種類など、いただいた希望に対応する多くの紹介が可能です。 大手スーパーゼネコン・サブコン入社へのステップアップしたい方も満足できます。 建築関係で働きたい方の為の求人サイト