建築の求人はここをチェックしよう

建築の分野ではいろいろな職種の仕事があり、現場の工事管理を行う仕事や事務所で設計を行う仕事などがあります。不動産業者などでも専門知識を求められる職種があり、大規模な開発を行うような場合には、専門的なスキルを持った人材を求めている企業が求人を行っています。建設会社や設計事務所、不動産会社の募集内容を確認する際に、その会社がどのような実績があるかを確認すると、自分が携わることができるプロジェクトなどをイメージすることができるでしょう。経験があるエンジニアがさらに自分の持っている専門知識や経験を研鑽していくために転職をするという場合も、応募する会社の実績は非常に参考になるでしょう。また、いろいろな職種を経験したいと考えている人は、ジョブローテーションなどを積極的に行っているかどうかも確認すると良いでしょう。

会社の実績やプロジェクトに着目する

建築設計の求人には、基本設計や実施設計、構造設計や設備設計などの仕事があり、大規模な建築物を取り扱っている設計事務所の場合では、それぞれの分野で高い専門性が求められることとなるので、求人に応募する時には経験があると有利になります。意匠設計などの場合、過去のコンペなどの設計での実績が、選考時に考慮されることとなります。構造設計や設備設計でも、過去の大規模なプロジェクトでの自分が携わった過去の実績が求められることとなります。いずれの分野で応募をする場合でも、これまでの経験を活かしながら、さらに自分のスキルや経験を積んでいきたいと考えている人は、その応募する企業が携わっているプロジェクトや会社全体の業績などをしっかりと確認しておくことが重要となります。

応募する会社の経営スタンスなどもチェック

自分が働くこととなる新しい会社の設計などの方針も事前にしっかりとチェックしておくことが必要となります。基本的な自分の仕事への携わり方や設計での基本的な考え方が会社の方針と食い違っていると望むような仕事ができなくなり、自分のキャリアにとってもマイナスとなるので、事前にその点はしっかりと確認しておく必要があります。建築の求人の基本的な募集要項のチェックも非常に大事ではありますが、転職して長く勤務することとなる会社の基本的なスタンスが自分にあっていないと満足いく結果とはならないので、その企業の経営方針や設計への考え方などを、過去の実績などを参考にしっかりと調べておくことがとても重要です。勤務している人たちの勤続年数なども注意しておくことが必要であり、離職率が高い会社は働き始めてから苦労する可能性があります。